>  > 疲れなんて関係ないと思っています

疲れなんて関係ないと思っています

人それぞれだとは思っていますけど、自分にとっては疲れは風俗を回避する理由にはならないですね。とにかくがっつりと楽しみたいと思っているので、風俗を楽しむ時には疲れていても関係ありません。むしろ疲れている時こそ性欲がむき出しになっていくような気もするんですよね。だから疲れている時こそよく風俗のポータルサイトを見る自分もいるんですよ。利用するかどうかよりも、何となくポータルサイトを見ている自分がいるんです。性欲というよりも開放感を求めているのかなとも思いますが、そこから実際に風俗を利用するケースも多いですよ。例え疲れているとしても、いろいろな気持ちを味わうことが出来るとあって、風俗ってこういった時にでも役立つものなんだなだってことを思いますよね。いろんな気持知の時がありますけど、自分は疲れている時が一番風俗気分ですかね。もちろんそれ以外の時でも風俗を利用したくなる時はありますので、決してマゾではありません。

ローションにもテクニックがある

ローションにもまた、テクニックがあるということをこの前の風俗で知ったような気がします。それまでローションはローションというか、とりあえず使っておけばそれだけで十分な物だろうって思っていたんですけど、この前の風俗嬢はローションの使い方がとても上手だったんです。ローションって少なくても多くてもこっちの快感が微妙に変わるじゃないですか。彼女、一気に使うんじゃなくて小出しにして使っていたんですよね。それはケチってことじゃなくて、きっとこっちの快感のことを考えてくれていたんだろうなと。それがよく分かりました。だからか、快感もそれまでのローションでのプレイ以上のものがありましたね。あんな気持ちになるとは思っていなかった…というか、そもそも初めからローションを使うって分かっていた訳ではないのでこういった楽しみ方もあるんだなってことで驚きました。ローション一つとっても奥が深い。それもまた、風俗なんだなと。

[ 2016-10-16 ]

カテゴリ: 風俗体験談